G Suite・クラウドを活用したワークスタイル変革サービス

ワークスタイル変革コラム

業務負荷低減から働き方変革へ。変化する G Suite 導入目的とその背景。

これまで生産性向上やコスト削減などを目指してG Suite 導入をする企業が多くありました。そんな中で今後は、社員の業務負荷軽減に留まらず、その先の働き方改革まで視野に入れた新たなシステム活用のシフトチェンジが必要になってきています。

今回は、変化しつつある G Suite 導入の背景や、全社活用の意味を詳しく解説していきます。

変化しつつあるG Suite 導入の背景

変化しつつあるG Suite 導入の背景

まずは、時代とともに変化しつつある G Suite 導入の背景から見ていきましょう。

◆時代の変化

近年の生産労働人口の減少により、働く人ひとりひとりの生産性を向上することが重要になってきています。また国内だけではなく海外へ事業展開する企業も増えています。そういった時代の変化によって、データ共有や海外拠点との連絡などで業務効率化を実現できる G Suite の導入が増えています。

◆企業の変革

長時間労働の是正が進み、生産性の向上が求められるようになりました。さらに育児や介護などと両立して働く社員への労働環境作りや、優秀な人材確保のために、企業は多様な働き方のニーズに応え、企業制度を見直していくことが求められています。

こうした時代の変革、企業内での働き方や制度の見直しといった変革に対応するためにも、G Suite を導入して、社員同士の情報共有や連絡の効率化をはじめ、あらゆる業務の効率化を目指し、社員の働き方、仕組みを変えていくことが求められていると言えます。それを実現できるのが G Suite です。

既存ツールのシステムチェンジから目指す!一歩先の働き方改革

では次に、働き方改革まで目指すにはどうすればいいのかを見ていきましょう。

◆既存ツールからのシステムチェンジ

まず、既存のツールを新しいシステムに移行していくわけですが、システムに移行するだけでは不十分です。それを本当に社内に浸透させていくためには、社内エバンジェリストによるシステムを使いこなすための、社内研修などの社内教育も、導入期は特に必要になってきます。

◆あらゆる業務の効率化

そして全社でシステムを使えるようになっていくだけで、自然とあらゆる業務の効率化が進みます。ですが意識的に業務の無駄を見つけては改善するという、地道な業務改善も求められます。そうやって業務の効率化を進めていけば、各社員の業務や働き方に合わせて企業制度や仕組みの変化が生まれてくるでしょう。

このように段階を経て、新しいシステムの導入・社内教育、その先の働き方改革へと つなげていくことが重要です。

一度そのようにシステムが社内に浸透すると、あらゆるツールが1つにパッケージ化された G Suite を使う方が、各社が提供している、不連携な各種ツールを寄せ集めて使うよりも、業務の効率化を実現できることは間違いないでしょう。

まとめ

これまでの要点をまとめると次のようになります。

・多様な働き方、海外展開などに対応していくための業務効率化が求められている。
・既存ツールのシステムチェンジから働き方改革までを目指すには、新しいシステムの社内教育と、地道な業務改善も求められる。
・一度、 G Suite が社内に浸透すれば、各社の各種ツールを寄せ集めて使うよりも、業務効率化を実現できる。

G Suite の導入は、単なるシステム導入に留まらず、あらゆるビジネスシーンにおける業務効率化によって生産性の高い組織作りを促進します。短期的な業務改善はもちろん長期的な組織作りにも有効な G Suite の導入と活用を検討してみてはいかがでしょうか。

ワークスタイル変革セミナー