G Suite・クラウドを活用したワークスタイル変革サービス

ワークスタイル変革コラム

働き方改革を企業が行うべき理由とは?

かつて、働けば働くだけ、物質的に豊かになっていくことを実感できた時代は、馬車馬のように働く企業戦士ばかりが求められていたこともありました。家族との時間が欲しい、子どもを育てながら働きたい、という希望は、現在よりもさらに実現困難なものでした。

しかし、環境は変わりました。労働生産人口は減少し続け、長時間働くことよりも、いかに効率的に働くことができるのかが求められる時代になりました。「働くこと」に物質的な豊かさだけではなく、精神的な豊かさを問う声は確実に増えています。このように環境が変化しているにも関わらず、日本の多くの企業では旧来の働き方だけが取り残され、現実とのギャップ、違和感が増大しています。

そんな中で注目される「働き方改革」。なぜいま、企業に「働き方改革」が求められているのか、どのように「働き方改革」を実行していけばよいのかを、いま一度お伝えしていきます。

「働き方改革」とは?

「働き方改革」とは?

働き方改革とは、社会の変化に柔軟に対応して、企業の働き方を改革していくこと。「フレックスタイム」が推奨されて久しくなりましたが、近年はテレワークを利用した「在宅勤務」や「サテライトオフィス勤務」「モバイルワーク」などのさまざまな働き方を導入する企業が増えてきました。社内環境に関しては、自分のデスクを持たない「フリーアドレス制」も注目を集めています。不要なデスクを減らすことでカフェ感覚のミーティングスペースなどを設け、コミュニケーションを促進したり、より効率的で生産的な仕事を行なえる空間づくりも重要視されるようになってきました。

働き方改革のメリット

働き方改革のメリット

こうした働き方改革をする企業側での大きなメリットは、まず「優秀な人材の確保」です。労働者人口が減少の一途を辿る日本において、優秀な人材を採用することは非常に困難になりつつあります。働きやすい環境が整っていることは、求職者にも大きな魅力となります。

また、在宅勤務などの多様な働き方を受け入れることで、出産後の女性社員や介護の必要がある社員など、これまで退職せざるを得なかった優秀な社員に活躍の場を提供し続けることもできます。

そして、企業のこうした働き方改革で社員が得られるメリットは、言うまでもなく「柔軟な選択肢が得られること」でしょう。家族や環境などとの調和を図りながらも、自身が最高のパフォーマンスを発揮できる働き方を選択できることは、不用意な精神的な負荷も軽減させることができます。

働き方改革プロジェクトを立ち上げよう

働き方改革プロジェクトを立ち上げよう

ただし、より良い働き方改革を行うためには、企業の意思決定者である経営陣を含むメンバーにより、プロジェクトとして慎重にかつ強力な推進力を持って実行する必要があります。プロジェクトとしての中長期的な実現目標、ミッションなしには働き方改革は実現し得ません。

例えば、社員に対するきちんとした目標の共有なしに、時短勤務を導入したとします。すると、時短勤務を選択した社員の周囲からは、自分たちの業務負担が増えるといった反発を招くかもしれません。

しかし、そもそも時短勤務を制度として導入したのは、子育てや介護、その他物理的な理由で、従来の勤務時間に従うことが難しいために働く機会を阻まれている社員がいるという課題へのアプローチでした。

もし事前に、この制度導入が中長期的に行なわれる働き方改革の一つで、まずは目の前の課題を解消し、結果的にはチームや部署、あるいは会社全体のパフォーマンスを最大限に引き上げるための施策である(=平等不平等を考えての制度ではない)という明確な目標を社員に示せていたとしたら、混乱は防げたかもしれません。さらに、「会社で決まったから」という受け身ではなく、自身もより効率的に働く為のきっかけとして積極的に捉える社員も増えるかもしれません。

そのためにも、会社として、働き方改革によって達成したいこと、優先度、実現する為の具体的なアクション、計画までしっかりとプロジェクトとして落とし込んで取り組むことが重要なのです。

 

まとめ

まとめ

この20年ほど、特にIT技術は凄まじい進展を見せ、私たちの働き方は様変わりしました。また、これからの企業を担う多くの若者が「物質的な豊かさを求めて働くこと」から「精神的な豊かさを求めて働くこと」へと考えをシフトさせていることにも注目すべきです。

環境がこんなにも刻々と変化を続けるなか、多くの日本企業にとって従来の働き方を見直すべき時が来ています。今後どのように企業価値を高め、存続、発展し、社会に還元していくことができるのか。働き方改革は、オプションではなく、避けてはあり得ない必須事項だと言えるでしょう。

 

クラウド導入・移行の課題解決はMasterAppsにお任せください

クラウド導入・移行の課題解決はMasterAppsにお任せください
  • 自社システム運用の課題
  • 移行と社内への教育・浸透まで
  • G Suite によるクラウド導入
G Suite 導入支援・教育