G Suite・クラウドを活用したワークスタイル変革サービス

ワークスタイル変革コラム

ワークスタイル変革は、なぜ成功しないのか

企業の長時間労働や働く母親のための保育施設不足・介護離職などが問題視され、労働者をとりまく環境の改善が国を挙げて叫ばれる中、「ワークスタイル変革」はまさに時代が求める必要不可欠な改革といえます。ところが、まだまだ変革の成功事例は少なく、具体的な方法が見えずに戸惑っている企業も多くあります。それはいったいなぜなのでしょうか?そして、どうすればワークスタイル改革を成功へと導けるのでしょうか?

ワークスタイル変革が成功しない理由とは?

ワークスタイル変革が成功しない理由とは?

ワークスタイル変革を実行するには、複合的なアクションが必要ですが、成功しない典型的な例として、「ワークスタイル変革のために導入した制度が利用されない」ということが挙げられます。変革のためには、プロジェクトチームなどが編成されることが多くありますが、実際に制度を導入したプロジェクトチームが現場をよく把握していなかったことが、大きな原因のひとつです。

現場の状況を正しく把握し、意見が反映され、会社が目指す目標達成についても価値のある制度にしなければ、ワークスタイル変革も“絵に描いた餅”に終わってしまいます。逆に、目指す方向性が定かでないまま現場の意見を聞いたことでさまざまな声が噴出し、収拾がつかなくなってしまったケースや、経営陣への説得材料が十分でなく、稟議が通らないケースなどもあります。

企業の成長を大きく後押しするワークスタイル変革

企業の成長を大きく後押しするワークスタイル変革

すでに社内で導入されているシステムは“働き方”といった漠然としたものではなく、利益を生むためのはっきりとした仕組みがあるため、費用対効果のケースが多いことも明確でしょう。かたやワークスタイル変革は、いままで多くの日本企業が苦手としてきた生産性の可視化と改善を行っていくことであり、企業としてもどれほどの利益を生むかといった明確な指針を事前に構築しにくく二の足を踏んでしまうのも事実です。

しかしやはり、1日の平均労働時間が主要先進国中最も長い日本が、労働生産性においては最も低いという現実は、真摯に受け止める必要があるでしょう。業態それぞれでも環境が異なることは事実ですが、「働く時間」で担保する利益は、中長期的な事業や企業の持続可能性を考えても非常に危ういです。

勤務時間の短縮だけでなく、業務を効率化し多様な働き方の推進を図ることは、社員の勤労意欲を高めると共に優秀な労働者の確保にもつながります。ワークスタイル変革は、やり方次第では企業の成長を大きく後押しすると考えて、間違いないでしょう。

ワークスタイル変革を成功へと導くためのポイント

ワークスタイル変革を成功へと導くためのポイント

ワークスタイル変革を成功へと導くためには、プロジェクトチームを立ち上げる際にどのような人選をするかも、非常に重要なポイントとなってきます。現場の声を吸い上げるためには、実際の現場をよく理解した人物を、キーパーソンとして迎えることが大切です。

スムーズに変革を進めるためには、人事・総務・法務といった事務部門の協力ももちろん必要不可欠です。さらに全体を見通すことができる経営側の人物をプロジェクトオーナーに据えることで、より改革の実現性が高まります。

「社員が本当に求めていることは何か?」を知り、それを実践することでどんなメリット・デメリットがあるか、本当に会社の利益アップにつながるのかなどを、さまざまな部署のメンバーがさまざまな観点から話し合うことが重要です。

まとめ

まとめ

2030年には日本の人口の3分の1近くが65歳以上の高齢者になるなど、国内の労働者人口は目に見えて現象の一途を辿っています。企業が成長の戦力となる働き手を確保するためには、子育てや介護をしながらも働きたいという人材をサポートし、実際に働ける環境を提供することであり、生き残りを賭けた急務の課題と言えるでしょう。「ワークスタイル変革は難しいから実践しない」などという選択肢は、もはやありません。「どうすればより良い形でワークスタイル変革を実践できるか」に会社全体が考え方をシフトさせ、具体的な施策を練ることが大切です。

ワークスタイル変革のプロからのアドバイスを参考にする

MasterAppsでは、実際にワークスタイル変革を進めて行くにあたり、社内でプロジェクトチームを編成したあとの舵取りをお手伝いするワークショップ等もご支援しています。

また、まずはもう少しワークスタイル改革に関する情報が欲しいという企業様には、MasterAppsとGoogleの共催で、より効果的なワークスタイル変革を行うために役立つセミナーも開催しています。ぜひご活用ください。
http://www.master-apps.jp/seminar-google-for-work

ワークスタイル変革セミナー