Google Apps・クラウドを活用したワークスタイル変革サービス

Gmail

Gmailのキーボードショートカットを使ってメール確認作業を効率化する

概要

受信メールの数が膨大になると、メールの確認や返信作業で多くの時間を費やしてしまいます。 そこで便利なのが、「キーボード ショートカット」機能です。 「キーボード ショートカット」はGmailでの各機能をマウスを使わずキーボードで操作できる機能です。 キーボードでGmailをコントロールできるため、メールの確認作業が格段に早くなります。

手順

キーボード ショートカット機能を有効にする

スクリーンショット 2013-07-04 11.50.31

Gmail画面右上の歯車マークから「設定」をクリックします。

スクリーンショット 2013-07-04 17.29.35

[ 設定 ] 画面を開き、 [ キーボードショートカットON ] を選択して、

スクリーンショット 2013-07-04 11.56.11

[ 変更を保存 ] をクリックします。

キーボード入力を行う

・メール作成 「Shift」 + 「c」 キーを押す ・返信 スレッドを選択した状態で「r」を押す ・アーカイブ スレッドを選択した状態で「e」を押す ・削除 スレッドを選択した状態で「#」を押す ※参考 キーボードショートカット一覧 Gmailを操作していて、ショートカットキーを忘れてしまったと言う時には、 「?」をタイプすることで、ショートカット一覧が表示されます。

 

応用

カスタムキーボード ショートカットを有効にすれば、ショートカットキーをカスタマイズする事ができます。

1.[ 設定 ] から、 [ Labs ] 画面を開く 2.[ Labs]→[ カスタム キーボード ショートカット ] の [ 有効にする ] を選択し、 スクリーンショット 2013-07-04 17.29.52

画面下部の [ 変更を保存する ] をクリックする

スクリーンショット 2013-07-04 15.52.08

3.[ 設定 ] から、 [ キーボードショートカット ] 画面を開き、ショートカットキーを変更する

スクリーンショット 2013-07-04 17.27.29

 

mailmagazine-gmail

クラウド導入・移行の課題解決はMasterAppsにお任せください

クラウド導入・移行の課題解決はMasterAppsにお任せください
  • 自社システム運用の課題
  • 移行と社内への教育・浸透まで
  • Google Apps for Workによるクラウド導入
Google Apps for Work導入支援・教育