G Suite・クラウドを活用したワークスタイル変革サービス

Gmail

使い慣れたメールソフト(メーラー)でGmailを利用する

概要

G Suite (旧 Google Apps ) の導入後も、これまで使っていたOutlookThunderbirdなどのメールソフト(メーラー)を使い続ける事が可能です。 IMAPを使うとGmailに届いたメールをメールソフト(メーラー)から確認することができます。 Gmailとメールソフト(メーラー)は同期されるので、メールソフト(メーラー)側で行った操作がそのままGmailに反映されます。

手順

GmailでIMAPを有効にする

スクリーンショット 2013-07-04 11.46.35

Gmailの画面で [ 設定 ] の [ メール転送と POP/IMAP ] 画面を開き、 [ IMAPアクセス ] の「IMAP を有効にする」にチェックを入れて 「変更を保存」をクリックします。

メールソフトでIMAPを設定する

次にお使いのメールソフト(メーラー)でGmailのメールを受信できるように設定します。 IMAPに対応したメールソフト(メーラー)と、設定方法は、 Google のサポートページ「サポートされている IMAP クライアントのリスト」 をご参照ください。

クラウド導入・移行の課題解決はMasterAppsにお任せください

クラウド導入・移行の課題解決はMasterAppsにお任せください
  • 自社システム運用の課題
  • 移行と社内への教育・浸透まで
  • Google Apps for Workによるクラウド導入
Google Apps for Work導入支援・教育