Google Apps・クラウドを活用したワークスタイル変革サービス

Gmail

Gmailのフィルタを設定してメールを振り分ける

概要

Gmailにフィルタを設定して、受信したメールを「転送」「ラベリング」「削除」など様々なかたちで自動処理することができます。

手順

フィルタを作成する

スクリーンショット 2013-07-05 12.40.21

[Gmail]の検索ボックス右側にある[検索オプションを表示(逆三角マーク)]をクリックします。スクリーンショット 2013-07-05 12.16.51

メールにフィルタをかけるための設定をおこないます。差出人(From)送信元(To)など5つの条件でフィルタを設定することが可能です。 入力が終了したら右下にある「この検索条件でフィルタを作成」をクリックします。

フィルタのテストをする

スクリーンショット 2013-07-05 12.32.00

検索窓に条件を入力後、下記に該当するメールが表示されたらフィルタは正常に動作します。 ※Gmailの受信トレイにフィルタ設定で該当するメールがない場合、フィルタテストの結果には表示されません。

メールを振り分ける

スクリーンショット 2013-07-05 12.19.04

設定したフィルタに該当するメールの振り分け方法をここで設定します。 8つの条件にチェックを入れることで受信メールに対して自動で様々な処理をおこなうことが可能です。 設定が完了したら[フィルタを作成]をクリックします。

備考

スクリーンショット 2013-07-05 12.23.06

上記、「3 メールを振り分ける」の設定で[受信トレイをスキップ][ラベルを付ける]にチェックを入れてラベルを指定することで、メールが受信トレイに溜まらずにすっきりと分類することができます。 <参考> ・Gmailにラベルを付けてメールを整理する

クラウド導入・移行の課題解決はMasterAppsにお任せください

クラウド導入・移行の課題解決はMasterAppsにお任せください
  • 自社システム運用の課題
  • 移行と社内への教育・浸透まで
  • Google Apps for Workによるクラウド導入
Google Apps for Work導入支援・教育